日米同盟強化北海道民の会

日米同盟強化北海道民の会は、

日本国安倍晋三首相とアメリカ合衆国トランプ大統領を支持し、
日米同盟強化と連携を訴え、
北海道を中国共産主義から守るため立ち上がりました。

青年よ、日本の明日を担え!

日本を救うチラシです!

去る4月23日、札幌PARCO前にて救国街頭演説を行いました。また旭川では、22日、23日の2日間、買物公園にてご婦人が単独でチラシ配りをして頑張りました。革新の地盤の強い旭川では安倍首相支持の厳しさを感じたそうです。一方、23日札幌PARCO前では、この日も風が強く寒い中でしたが、14:00から16:00まで16名が参加してマイクを使った5名の演説者と、11名のチラシ配布に別れて一生懸命「日本を救うチラシです!」と声をかけながら配りました。青年も4名参加の若い団体です。これからの日本を担う青年が参加しているので、通行人も興味を持ってチラシを受け取って下さいました。今日本の現状を見た時、青年が政治や国防に関心を示すことが将来の日本の状況を推察するバロメーターであると考えると、本当にこの日本を担える青年がいるのだろうかと危惧の念を禁じ得ません。選挙年齢も18歳に引き下げられた今日、もっともっと若者に政治と国防に関心を持ってもらうためにこの活動を継続していくことが必要であると考えます。北海道民の皆様の温かいご支援とご協力をこれからもお願いいたします。
日米同盟強化北海道民の会


また‥
旭川では、22日、23日の2日間、買物公園付近で単独でチラシを配って頑張りました。
お一人での活動、頼もしいです。大変お疲れ様でした。
(今回活動の写真がなく、前回活動した時の写真を使っています。)