日米同盟強化北海道民の会

日米同盟強化北海道民の会は、

アメリカ合衆国トランプ大統領と、日本国安倍晋三首相を支持し、
日米同盟強化と連携を訴え、
北海道を中国共産党から守るため立ち上がりました。

3.25 札幌PARCO前街宣活動のお知らせ

【3.25 札幌PARCO前街宣活動のお知らせ】

3月25日、14:00時より2時間、札幌PARCO前にて、救国街宣活動を行います。
日時:2018年3月25日
時間:14:00〜16:00予定
場所:札幌PARCO前
内容:辻元清美議員の「森友学園隣接野田中央公園14億円値引き疑惑」トランプ大統領支持、日米韓の同盟結束、中国の北海道侵略についての啓蒙。そして、緊急キャンペーン「安倍首相、頑張れ!」の演説です。

議員歳費 = 原資は国民の血税

 今、森友問題により国会が空転している。この問題の本質はひとえに、「疑惑なき疑惑を追及する野党の国会パフォーマンス」である。つまり、朝日新聞によって捏造されたウソを裏取りなく追求するだけの無責任な「やり投げ国会」。安倍政権をえん罪に陥れ、印象操作するために特化し作られた筋書きを、血税により運営されている国会の場で偽演しているのが実態である。

 毎度この様な ”猿芝居” を野党に許していいのだろうか。政権担当能力のない野党には、政策を議論する力はもはや皆無。対案も示されないまま、約一年余このような国益に反するゴロツキを公の場で展開しているのである。国会議員としての資質にも欠けるこれら野党議員には、毎年1人に付き何と、1億1,625万円の予算が充てられている。勿論、原資は国民の血税からだ。仕事をしない議員には議員辞職を勧告するほかない。

国会議員の給料に税金が年間いくら使われてるか徹底的に調べた! | じじろぐ


森友問題を追求するほど、旧民主党政権時代の「野田中央公園・14億値引き疑惑」が浮上して来る。

 旧民主党政権が国有地として売った土地もゴミだらけの土地だった。その値引額が驚くなかれ、森友の比ではない。なんと14億円の破格の値引き額である。これを何と説明するのだろう。これほどの値引きの理由は何か、その理由を総理にかけた同じ質問で答えて頂きたい。一体どんな話し合いがなされたのか。値引きに至る過程で一体何があったのか?答えて頂きたい。


 今回も、韓半島における情勢の変化を憂慮し、急遽3月25日札幌PARCO前において救国救アジア街宣活動を行います。我々にとり、韓半島の命運は、我が日本の安全保障と無関係ではありません。韓半島だけの問題ではないのです。ぜひ、お時間を作り、今度の日曜日の午後は札幌PARCO前へ足をお運びくださるようお願い申し上げます。


日米同盟強化北海道民の会