日米同盟強化北海道民の会

日米同盟強化北海道民の会は、

日本国安倍晋三首相とアメリカ合衆国トランプ大統領を支持し、
日米同盟強化と連携を訴え、
北海道を中国共産主義から守るため立ち上がりました。

11.5 ドナルド・トランプ米大統領初来日歓迎街宣のお知らせ

11.5 ドナルド・トランプ米大統領初来日歓迎街宣のお知らせ

来る11月5日、札幌市PARCO前にて「ドナルド・トランプ米大統領初来日歓迎」の街宣活動を行います。


日時:11月5日 日曜日
時間:14:00〜16:00予定
場所:札幌PARCO前にて


内容:”祝・ドナルド・トランプ米大統領初来日歓迎”、北朝鮮核ミサイル問題、中国による他民族抹殺政策と人権侵害、安倍政権打倒に関するマスコミ偏向報道の実態についてなどの演説を行いたいと思います。日曜の午後は、ぜひ札幌PARCO前にお集まりください。


トランプ大統領こそが北朝鮮問題を解決する鍵

 今、日本のみならず全世界を核の脅威に陥れている国「北朝鮮」。この国は、父子三代にわたる金王朝とも言うべき完全な独裁者が核を持つ「テロ国家」です。アメリカはじめ日本など主要国は、対話による交渉を重ね、何とか北朝鮮の非核化を実現しようと努力して来ましたが、それを裏切り、反って、時間稼ぎをしながら、核開発をすすめ、現在の深刻な状況を生み出しています。アメリカトランプ大統領は、毅然として、「無用心な対話はむしろ事態を悪化させる」と捉え、強い力を持って牽制しています。今は世界が同じ方向に一致団結し、トランプ大統領を支持することが肝心な時です。

いまこそ、”信頼と友好” で結ばれた日米同盟の強化を!

 わが日本では、残念ながら二度までもミサイルがわが国上空を横切る事を余儀なくされました。ところが、未曾有の国難に対し、共産党はじめ立憲民主党など左系野党は、国民の関心を枝葉末節の「疑惑」に向けさせ、安倍政権を打倒することのみに執念を燃やしています。差し迫った国防に関する議論をさえぎり、左傾化した偏向マスコミと連携、国難を助長させています。今、日本やアジアの自由と平和を守ることができるのは安倍首相をおいて他にいません。そして、北朝鮮問題や中国の脅威からアジアを守る道を開くことができるのは、トランプ大統領をおいて他にいません。又、国民の悲願である拉致被害者を救うことができるのもこの両者の他にはおりません。両首脳を中心に日米が力を合わせて、世界の平和と安全のために大きな使命を果たす事を願います。そのためにも、日本国民は、トランプ大統領の初来日を熱烈に歓迎し、安倍首相とトランプ大統領の「信頼と友好」関係が、大きく日本国民とアメリカ国民との信頼と友好につながるよう祈願しております。全国民を挙げて、「頑張れ安倍首相! 頑張れトランプ大統領!」と、応援しております。


日米同盟強化北海道民の会